Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 1990 Notice: Undefined variable: search_phrase in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 2050 Notice: Undefined variable: searchengine in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 2055 6月 | 2014 | アライド・システム 社長Blog

Monthly Archives: 6月 2014

消費動向2

今日の日経MJに百貨店の化粧品売上(3月から5月)動向が載っていました。
その中の1つ、松屋銀座本店の3月昨対同月が64%アップ、4月は11%ダウン、
5月は5%ダウンとなり、既に回復傾向に入っているとのことでした。
特に高額商品を購入する客足の戻りは早く、4月以降の回復・好調ぶりは松屋
銀座本店以外の百貨店でも目立ったようです。

興味深かったのは
3月の駆け込みで、久しぶりに百貨店で化粧品を購入するという顧客を多く
取り込めた
」という内容です。
これは、先日のブログ(消費動向)で紹介した仮説内容と一緒です。
更に「来店したその顧客をリピーターにするために5月からポイント5倍付与と
いうキャンペーンも実施し、増税というマイナス要因でありながら、それをきっ
かけに高いサービスを訴求し顧客の取り込みにつなげている」という点です。

5月の売上アップや固定化につながるこの施策。モノとコトの違いはあります
が,美容室業界でも十分参考になる内容ではないでしょうか。

OBCパートナーカンファレンス

昨日は<OBCパートナーカンファレンス2014>に参加してきました。
当社も奉行シリーズの販売店として毎年招待を受けておりますが、
今年は何と32回目の開催だそうです。
OBC和田社長が仰っていた「どんなことがあってもこの開催は続ける」
という強い思いを感じたカンファレンスでした。

説明会後行われた懇親会では、同しテーブルとなった方々との名刺交換が
早速始まり、同じ奉行を扱っている販売店同士、情報交換の場としても
有意義な時間でした。

写真右は、当社担当のOBC梁場さんです。
非常に魅力的なキャラ?をお持ちの方で、今年から担当をしていただいて
います。
特にアルコールが入るとその魅力が倍増しますが、3倍にならないよう
注意が必要かもしれません・・。

当社奉行担当の松澤(中央)も頑張っておりますので、引き続きよろしく
お願いいたします。

消費動向

最近、消費税増税後4月5月の消費動向が発表されています。
今日の日経新聞にもケーズホールディングスの商況が載っていましたが、
消費税増税前3月の前年同月対比は売上額70%アップ、来店人数は30%
アップだったとのこと。
売上額の大幅な伸びはパソコン価格の値上がり(20%程度)や値引額の
減少が要因だったようです。
来店人数についてはそれほどの駆け込み消費を感じず、その影響か4月
以降も想定していたほど落ち込みは少なかったとも書かれていました。

では、売上の90%(前後)を無形のサービスで占める美容室業界はどう
だったのでしょうか。
増税前だからと言って、髪毛が早く伸びたり、枝毛が目立ったりはしません。
多少のサイクル調整ができるにしてもストックできない美容室業界。
気になりませんか?

当社は店舗データを様々な角度で集計・分析しており、具体的な集計内容
は申し上げられませんが、前年同月の対比も含まれています。 
今回、その中の一部を公開すると下記の通りとなっています。

いかがでしょうか?(ちなみに、税抜価格での対比です)
ここにはない項目も含めて、ほぼ全て3月は昨年同月で100%超えとなって
いました。
特に、商品売上は平均152%となっており、ストックできる商品に関して
言えば、駆け込み消費が明らかにあったと言えそうです。
しかし、私が目をつけたのはそこではなく、5月の商品売上と購入顧客数
(延べ人数でない)の伸び率です。
この消費動向は少々意外でした。

ここからは仮説です。
仮説1) 3月の駆け込み消費の中に久々に商品を購入された
     お客さまが多くいた
仮説2) そのお客さまがその商品の効用を実感した
仮説3) そのお客さまが5月に再来し、再度商品を購入した

データは語る。
この仮説があたっているかは個別で確認しなければなりませんが、
このような消費行動をされた方、いらっしゃいますか?