Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 1990 Notice: Undefined variable: search_phrase in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 2050 Notice: Undefined variable: searchengine in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 2055 6月 | 2013 | アライド・システム 社長Blog

Monthly Archives: 6月 2013

売上ロジックシート

当社の店舗システム(A’staff)では年2回のバージョン
アップを行っていますが、Web本社システムでも活用度を上げ
て頂けるようバージョンアップを行っています。

今回リリースするのは「売上ロジックシート」です。
「売上ロジックシート」とは、昨年店舗システムでリリース
した新機能「売上ロジックツリー」の本社版です。

売上とは、客単価×総人数 という売上構造に分解できます。
その客単価を当社は「伝票単価」と呼んでいますが、それを
「単品単価×売上明細数」に分解できます。

総人数も一般的には延人数のことで、一人のお客さまが何回か
繰り返し来店されていることになります。

では実際に何人のお客さまが来店されているか、それを
「顧客単価」として計算する必要があります。
指定期間でのお一人の平均購買額という考え方です。

更に年間に1,000人の総来店人数で、実際のお客さまが500人
だったら、年間の平均来店回数は2回、来店サイクルは182日
となります。

これが100人のお客さまだったら、平均来店回数は10回、来店
サイクルは36日になります。
売上明細においても、カット以外にカラーやトリートメントが
どの位含まれているのかなど、
単に売上と言っても膨大な情報が含まれ、分解できるのです。

本社版では、比較対象数を2つ(計3つで比較)持たせることに
しました。

例えば分析期間を2012年6月~2012年5月とすれば、
比較できる期間は2つ

・2011年6月~2011年5月(中段)
・2010年6月~2010年5月(下段)

持たせることが出来ます。

実際のアウトプット画面をご覧いただくとお分かりになると
思います。

数値が上がっている場合は青色、落ちていれば赤色となり、
どの項目が伸びているのか、又は下がっているのかが一目で
分かります。

半年間の設定で前期-後期という比較も可能ですし、4半期単位
の比較も容易に出来ます。
ご要望が高かった男女別に集計も可能にしました。

ほとんどの項目が赤色数値になっている店舗様が多い中で、
売上が着実に伸びている店舗もあります。

では、売上が伸びている店舗はどの項目が伸びているのか?
その傾向をチェックし皆さまにフィードバックして行きます。