Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 1990 Notice: Undefined variable: search_phrase in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 2050 Notice: Undefined variable: searchengine in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 2055 6月 | 2011 | アライド・システム 社長Blog

Monthly Archives: 6月 2011

最後が大事

最近、会社である物を購入したときの話です。
購入を検討するに当たり、Webの「一括見積書取得」というサービスを使い
4社(A社、B社、C社、D社)から見積をもらいました。
見積内容も営業の方と直接電話で確認し、その時点の評価は
①価格面     ②営業対応
1位 D社       1位 B社
2位 A社       2位 C社
3位 C社       3位 D社
4位 B社       4位 A社
という評価順位でした。
・A社は、一昔前の営業的な方で、とにかく頑張ります!を連発
・B社は、とにかく紳士的で、他社のいい面もあえて紹介
・C社は、話し方も丁寧で、A社の営業マンとは対極的な営業マン
・D社は、最低価格を提示し、営業対応は特に可も無く不可も無し

ここから、総合的に判断し下記の評価順位となりました。
③総合評価
1位 D社
2位 C社
3位 B社
4位 A社
購入後のフォローの必要度も含めて 最低価格のD社に決定をしたのです。

早速A社、B社、C社に断りの連絡(メール/FAX)をした所、C社からは
「残念でしたが、次回の機会をよろしくお願いいたします」の返信
残りの2社は何の返信もありませんでした。
特に、B社の営業の方の無反応さには残念でなりません。
(A社の営業マンは予想通り)
これによりB社自体のイメージダウンは避けられず、1年後は恐らく
購入対象企業から外すことになると思います。
もちろんC社は逆で1年後の有力な購入企業となりました。

やはり最後が大事。”失注”は“受注”の始まりと改めて感じました。

元女子プロレスラー

昨日はクライアントのAOコーナーの田村代表と打ち合わせ後に食事をしました。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、田村代表は元女子プロレスラーで、
NWA認定女子パシフィック王座やNEO認定女子シングル王座を獲得し「絶対王者」と呼ばれた方です。
昨年12月に引退、今年4月にアロマトリートメントサロンをオープンする際、
ご縁があり弊社のサロンシステム「A’staff2」を導入していただきました。

小学生の時の女子プロへの憧れから、現実の目標に変わった中学生の時に始めた“なぎなた”
何故“なぎなた?”をお聞きすると、女子プロの入団テストを受ける際に人と違ったスポーツを
してたら目立つと思ったからと仰っていました。
見事な中学1年生のKGI(女子プロレスラーになる)とKPI(なぎなたで目立つ)設定能力だなぁと
感心しました。

とても元プロレスラーとは思えないやさしい語り口で、本当に楽しいひと時を過ごさせてもらいました。
これからも青(AO)コーナーである挑戦者の気持ちを忘れず、新たなリングで頑張っていただきたいと思います。
我々も応援します。田村代表ファイト!
田村代表

ISMS継続審査

昨日は弊社が認証を受けているISMS(ISO27001)の継続審査が終日行われました。
今年は来年の“更新”審査前の“継続”審査でしたが、GoodPoint!!も頂き無事終了しました。

実は今回の審査で不安な点が1つありました。
それは審査員の変更です。

取得から昨年までの4年間、同じ審査員の方が担当したが、今回から新たな審査員となる旨の連絡。
担当が替わることのメリットとデメリットの両方が存在しますが、やはりデメリットをどうしても考えてしまいます。
事実、トップインタビューでは冒頭に“どういうお客様?に・・・”というような質問を受け、
正直、一日の審査過程に不安を感じましたが、時間が経つにつれ、その不安も払拭されました。

委員会では基本的な質問やこれまで無かったような質問、更に現場でのインタビューでは
ことのほか時間をかけて質問され、担当者はかなり緊張していましたが、初心に帰るいい機会を与えてくれました。

“良い準備は、良い結果を連れてくる”
内部監査員の明石を中心とした各担当者の頑張りで、認証を継続することができました。
推奨事項の指摘もあり、引き続き来年の更新審査に向けて改善を行っていきます。