Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 1990 Notice: Undefined variable: search_phrase in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 2050 Notice: Undefined variable: searchengine in /home/httpd/vhosts/allied.co.jp/httpdocs/presidentblog/wp-content/plugins/newstatpress/newstatpress.php on line 2055 8月 | 2010 | アライド・システム 社長Blog

Monthly Archives: 8月 2010

売上減少と客単価との関係 その2

下の表は、日本政策金融公庫が2010年8月6日に発表した
「生活衛生関係営業の景気動向調査 2010年第1四半期」の抜粋です。(美容業420企業の回答)
ご覧の通り、客単価の低下が31.2%、顧客数の減少に次いで、経営上も問題点として多いことになっています。
しかし、現実に客単価の低下が美容室の経営上の2番目の問題点なのでしょうか。

下記のグラフをご覧ください。このグラフは、弊社のお客様70店舗ほどピックアップし、直近2年間分の客単価を
グラフ化したものです。
個々にみれば下がった店や上がった店はありますが、全体を捉えてみれば大きく変動をしておらず、
むしろ直近は少し上昇傾向にあるように見えないでしょうか。

もちろん、現実は様々で十把ひとからげでは語れませんが、美容室における「客単価低下」は今の景況感から
来る心理的意味合いが強くあるように思います。
前回の売上減少と客単価との関係でも分かる通りです。

下記のグラフは当月来店した顧客の前回来店日からの日数(サイクル)の平均値(70店舗)です。
平均80日間から90日間の来店日数ですが、ここ直近3年間の平均日数にも大きな変化はありません。

①客単価が下がっている(と思っている)

②積極的な客単価アップのアプローチ

③顧客離反(来店サイクルの伸びではない)

④既存顧客の減少(併せて新規客の減少)

この逆スパイラルから抜け出す為に、先ず来店人数ではなく顧客数が減少している現実とその理由を知ることから
始めてみましょう。

Windows7 アップグレード

皆さんはWindows7を既にお使いになられていますか?
まだまだ社内では・・と言う方も多いとは思います。
但し、ご自宅のパソコンでは「7」にアップグレードされた方も多いのではないでしょうか。
私もこの土日に「Vista」から「Windows 7 Home Premium」へアップグレードを行いました。

購入者のレビューなどから、簡単にアップグレードが出来るものだと思っていましたが、
先ずインストールの前準備で、ウイルスバスター2007をアンイストールするメッセージが出てきたのです。
しかし、現在ウイルスバスター2010を使っていて、アンインストール自体ができません。

ここからが大変でした・・・。
メールでの質問も、電話での質問もスムーズに出来ないのです。

OSのプロダクトID自体がOEM(PCはHP製)となっているためか、そのIDでは
先に進めなくなっているようです。
更に、電話でもアナウンスだけで、結局メールと同じURLの案内だけです。

そこで、関連ありそうで、しかもプロダクトIDが無くても質問を受け付けてくれるWindows updateの
質問コーナーから、今回の内容をメールし回答を待ちました。
回答は1時間ほどできましたが(回答期限は24時間以内でしたので、少し得した気分になりましたが・・)
その回答は期待を裏切るものでした。
ここでは、Windows updateの質問に答えるもので、アップグレードには答えられないとの内容です。
しかし諦めかけながら最後まで読んでみると、この担当者の経験上という前提のコメントが付け加えてありました。

『関連するフォルダーを削除すればインストール出来ることがある』

早速、ウイルスバスターのフォルダーを見ると、2007と2004のフォルダーがあり、削除し再度トライしてみると
アンイストールのメッセージがなくなり、そこから3時間以上を費やしながら、無事アップグレードが終了しました。
マイクロソフトの対応に苦慮しましたが、最終的には担当者個人の対応力に助けられた形になりました。
昨日はとても新機能などを確認する気分にはなりませんでした。
今度の週末にはじっくり確認しようと思います。

東日本大会

21、22日に行われた東日本ミズノ杯実年ソフトボール大会に東京都代表として宇都宮まで行ってきました。
(実年とは50歳以上が参加できる大会で、私も昨年からの参加です。)
今回の参加は、昨年東京都の大会で準優勝した我チームに与えられた出場権によるもので、
会場は県営総合運動公園内の野球場だったのですが、さすがに国体開催に合わせて作られた総合運動施設
だけあってすばらしい会場でした。

結果ですが、Cブロック4チームによる2試合リーグ戦を行い、茨城県と宮城県の代表チームと1勝1分、
勝敗では宮城県と同じでしたが、失点差により惜しくも2位となり2日目の決勝トーナメントには進めませんでした。
①宮城県代表:1勝1分 ②東京都代表:1勝1分 ③茨城県代表:1勝1敗 ④秋田県代表:2敗

私は1回戦でノーアウト1.3塁の場面で代打で出場、(見事!)センター前のタイムリーヒットで打点1、
勝利(10対5)に少し貢献することが出来ました。
2試合目は最終回までもつれた好試合の中、惜しくも4対4の引き分け、私には出場の出番が回ってきませんでした。
結果的には、1試合1打席だけの出場となりましたが、高いレベルで全員一丸となっての試合に参加できたのは
よかったと思います。(でも、もう少し出たかった。)

戦前ではボロ負けを覚悟していたのですが、この結果には皆大変満足し、その日の宇都宮市街で行われた
“反省会”は当然ながら大いに盛り上がったのでした。

※気のせいでしょうか、行く先々(飲み屋ではありません)で綺麗な女性を沢山目にしました。
栃木って美人が多い!?