新規オープン②

先日は、昨年7月に続き来月5月に新規オープンをされる札幌のお客様に伺ってきました。

目的は機器の設置ですが、社長やスタッフの方々との会食も目的の1つです。

というよりこちらが正直メイン?と言ってもいいのですが、機器設置も重要な仕事です。

出張前にスタッフから事前講習を受け準備万全で臨んで行きますが、なにせ昨年7月に伺った時以来の一人での機器設置、しかも札幌です。何かあってもスタッフにすぐに来い!とも言えません。

私が仕事に於いて緊張する仕事の1つですが、何とか今回も無事に設置完了となりました。

その後はお楽しみの枝並社長とスタッフの方々の会食です。

スタッフの方々は本当にA’staffを使い込んでいらっしゃり、質問や要望も高いものばかりです。その中で一番印象に残ったのは中道店長のお話しでした。

年代別の再来率を使っているが、例えば40代の再来率が低いスタッフに40代を担当させないでは、その年代はいつまで経っても低いままで、可能性を詰んでしまうのではないか・・・

私のこれまでの提案する活用方法とは全く逆の考え方、つまり会社で投資した資金で集客した新規客は、新規再来率の高いスタッフに担当してもらうことが、投資効果を高められる一番の方法だという考え方です。それが年代別に把握出来ればより確実になる訳です。

もちろん兼ね合いも必要、そしてオーナーの視点と店長の視点、どちらが正しいということはないと思いますが、中道店長からの言葉に重みを感じました。

あっと言う間の会食に時間が過ぎてしまいましたが、本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。

枝並社長、今回もこのような席をご用意くださり本当に感謝いたします。

カテゴリー: その他   パーマリンク