- 奉行シリーズ® 訪問コンサルティング -

アライド・システムは個別に貴社を訪問して、導入環境に応じたコンサルティングを行います。

このようなお悩みを解決します

課題 例1)
奉行シリーズを導入したいが、使い方を詳しく教えてもらいたい。
課題 例2)
奉行シリーズを導入して何年も経つが、うまく活用できていないようだ。
課題 例3)
自社のワークフローに合わせた活用方法を指導してほしい。

価格

訪問操作指導 4時間×2回~ 40,000円/1回

※都内は交通費無償。それ以外は実費交通費が別途かかります。

コンサルティングの流れ

  • 奉行シリーズ導入・活用のご相談はお電話でも承っております。

    1.最初のご相談は、お電話でも承ります。

  • 奉行シリーズ訪問コンサルティング 訪問回数決定

    2.お客様の解決したい課題に合わせて回数を決めます。

  • 奉行シリーズ訪問コンサルティング 訪問指導開始

    3.訪問指導を開始します。

サポート例

1回目訪問 現地ヒアリング+操作指導
2回目訪問 操作指導+課題を出すこともあります
3回目訪問以降 必要な回数を、導入スケジュールに沿って決めていきます

導入事例

1.勤怠管理を楽にしたい

抱えている課題
勤怠管理はこれまでカードに打刻するタイプを使っていたが、打刻漏れや、出張、在宅勤務者と、勤務体系が多様化してきた為、チェックが大変になった。業務効率を上げる方法を教えてほしい。
訪問回数:計3回
1回目 「就業奉行」と「勤怠管理Web」を導入して頂きました。従業者の登録を行い、今後の運用スケジュールを決定しました。
2回目 サンプリングで、勤怠管理担当者のみ、利用を開始しました。打刻から有休等の申請方法、打刻データの取込から修正までのフローを確認しました。
3回目 全従業者を対象に説明会を実施し、運用を開始しました。

2.業務改善のサポートをしてほしい

抱えている課題
①「勘定奉行」と「商奉行」を何年も使っているが、それぞれ別の管理になっており、連動できていない。
1つの売上に対し、双方で入力しているので手間がかかっている。仕訳連動をして業務効率を上げたい。
②商奉行で1つの得意先にいくつも枝番号があり、請求・入金管理が煩雑。作業を楽にしたい。
訪問回数:計5回
1回目 ②の「入金管理を楽にしたい」を解決する為に「入金管理オプション」を導入。
サンプリングで、1つ得意先を選択し、「入金予定日から入金チェックができる」→「自動で入金伝票作成ができる」→「自動で仕訳伝票が作成できる」事を実際に確認して頂きました。
2回目 勘定奉行と商奉行の得意先コードが異なる為、管理が煩雑になっていましたので、コード統一の処理をしました。
<課題>次回までの課題として、担当者様に「得意先マスタ」の締日/支払日/支払方法のメンテナンスをお願いしました。(正しく登録できていなかった為)
3回目 入金管理オプションの指導続き。
「(売掛)債権回収予定表」から入金伝票を自動作成する処理を、担当者様に覚えて頂き、運用開始しました。
4回目 前回から入金伝票自動作成ができるようになった為、「仕訳伝票」の自動作成を覚えて頂き、商→勘定奉行の連動の運用開始しました。
5回目 これまで手書きで作成していた伝票/帳票の見直しを行いました。ほとんどのものが、「商奉行」「勘定奉行」から出力できるようになり、手作業が軽減されました。

今注目のサービス

奉行クラウドを始めるならまずは「勘定」(会計)と「給与」から。自社内にサーバーを置くことなく、いつでもどこからでもアクセスできるため、会計士などの専門家とのやりとりも楽になります。Microsoft Azure を採用し、セキュリティ面でも安心です。

お客様からのご相談で最近多いものに、勤怠管理をしっかりやりたい、残業時間を減らしたい(もしくはチェックをきちんとしたい)というものがあります。まずは社内の勤怠をしっかり管理すること。そのうえで、働き方を変えたり、業務改善をして作業効率を上げたりしていきます。

人事部門では、マイナンバーの管理や毎月の給与明細書印刷業務に手間がかかり過ぎるとお悩みの担当者も多いと思います。「OMSS+」では、給与明細書の配信サービスや煩わしい本人確認も簡単になるマイナンバー管理サービスなど、様々なサービスで業務改善のお手伝いをしています。

奉行シリーズは、株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)の登録商標または商標です。